キングコング対ゴジラ
2016 日本映画専門チャンネル版
2016年7月14日、奇しくも同タイトルのBlu-ray盤が発売された日から、およそ2年目になるこの日、「CS日本映画専門チャンネル」「スカパー4K」「東宝シネマズ新宿」にて、新たなる「キングコング対ゴジラ」のお披露目となり、ファンの皆様が物凄く盛り上がった。私も仕事が全く手に付かない程のドキドキ感満載な日となった。

スマホ普及率が85%とも言われるこの時期、SNS上で大盛り上がりだった事は言うまでも無くて、筆者もTwitter上でドキドキ心を押さえて文字を打つ事に必死だった...。東宝シネマズ新宿でご覧になられた皆様方は、もっと大盛り上がりだった事は間違い無いのである。

今回の放送、上映にあたって、「日本映画専門チャンネルサイト」で大きく宣伝をなされ、それらサイトを観るだけでもキンゴジ熱が揚がってくるのを心底感じたのだ。

結果は、期待を全く裏切らない、それどころか、誰もが思っていた以上の、素晴らしい「キンゴジ」が2016年に蘇ったのだった。
これから先は、東宝から発売されるであろう、4Kをフルに活かしたUHD Blu-ray BOXに夢が膨らんでしまう。その際には、是非、今回のプロジェクトのドキュメンタリーも含めて欲しいと願うのだ...。

こんな夢の様な一日を、心からの感謝と感動に打たれてしまった事は、この上無い喜びでしかない。本当に有り難う御座いました!!...(と思わず私の地が出てしまう...笑)

ラストの「終」の場面で、思わず拍手をしてしまう自分がそこに居たのだから...。
4Kとは何?
通常、私達が普通に観ているフルハイヴィジョンが「2K」。それの4倍の解像度を持つ物が「4K」である。
僅か5〜6年前まで私達がお世話になっていたブラウン管テレビを約6個並べると「2K」(フルハイヴィジョン)の解像度となる。
言うなればDVDはブラウン管テレビで観る事を前提とした規格だった。なので現在はBlu-rayが主流なのである。
忘れもしない、2004年に大型家電量販店で観た「夏の高校野球・フルハイヴィジョン」の映像...。私はこの時、「安くなったら買う!」と心に決めていた事を思い出した...。

過去のLDやDVDやBlu-ray(2014)は、それでもなお、私にとっては宝物だ。何故ならば、その課程を教えてくれる重要な資料である事に間違いは無いし、私にとっての全てのLD、DVD、Blu-rayは、私が生きている間は、ずっと側に置いておきたい。観たい時には、いつもその盤で観たいのである。
以下に、今回の"4K版(私が観たのは2K)"で個人的に思った事を記す。

1.4K版製作にあたり、一から組み直して作り直した事は特筆すべき点。
今回の東宝・東京現像所・スカパーで進められたプロジェクトは、1991年の完全復刻版制作時には存在していた筈の所在不明だった“ロール1のカットネガ”を探す事に有ったという。その中で今回見つかった10巻のフィルムの内、カット部分の“ロール1”が含まれていた事は、本当に素晴らしい出来事だったと言えるし、スタッフの皆様は勿論、ファンをも歓喜させる出来事だったのではないだろうか。今回の復元作業では、10〜15人のスタッフが、3〜4ヶ月掛けて完成させたものなのだそうで、本当に涙物だ...。米国ユニヴァーサル社所有のフィルムを一切使用せず、純国産フィルムによる「キンゴジ」が完結・完成した事は、誠に感慨深いものがあったのではないだろうか。全くの部外者であるこんな私が、あんなにも喜んだ事は...本当にいつ以来だろう...と思える程だったのだ。



2.画像比較
画像比較は、Twitter上で多くの皆さんがBlu-ray版との比較をなさっているので、私などの出る幕は無いと思っている・・・。。
“TV解説者”田武謙三さん登場のシーンで、私は確信した。これは本当に素晴らしい物だ!、と。
映像が"短縮版"に切り替わっても、全く分からない程に綺麗に繋がっている事に、心から感動してしまったのだ。
個人的に一番驚いたのは、下記の部分。
キングコングと大ダコの闘いのシーン(Blu-ray ディスクのタイムで、38:27〜38:28の辺り)
これまでのヴァージョンでは...。
ご覧の様に、僅か1秒以内でこの様に画面の明るさが変わる...。
「この部分はこうなる物」という刷り込みが私の中にあるから、
という事もあると思うが、この部分にも大きな衝撃を受けた。
なぜなら...4K版では、画面の明るさが全く統一されたのである!
これ以外の同様の箇所も綺麗に統一された。明るさやコントラストの調整を入念に行われたらしく、とても見やすく美しい。



3.潜水艦シーホーク号シーンの日本語字幕にて「オリジナル字ネガ」が発見され、まさに真正なる素晴らしいヴァージョンとなった。
潜水艦シーホーク号のシーン、殆どのシーンの日本語字幕がオリジナルである為、全くブレが無く素晴らしい状態で復活した事が分かる。
(最初のシーホーク号シーンで、映像が"短縮版"に切り替わると日本語字幕がブレ始まるのは、マスターフィルムを切った事の証拠となり得るので、ここはこのままで全く問題無いと信じている)(いつの日か"短縮版"という言葉さえも無くなってしまうのではないだろうか...)

(追記)
このシーホーク号のシーンは、ロール2にも存在するが、日本語字幕のブレが全く無い為、ここの部分も新たに見つかった字ネガを充てられたと思われる。
(ユニヴァーサルマスターの「シーホーク号のシーン」は、東宝マスターと比べて収録時間が短い為、流用は有り得ないと推察出来る)

(詳細は「完全復刻版」に記してあります)(TORI様、ご協力本当に有り難う御座います!)
潜水艦シーホーク号内のシーン(30年越しの奇跡!)
「1986 オリジナル復元版」 「2016 4Kデジタルリマスター版」


4.サウンドトラックについて
東宝タイトル直後のオープニングの音楽の部分に、若干の音のヨレを感じたのだが、映画製作から50年以上も経っている事を考えると、全然大丈夫な範囲。
当時の4.0chをダウンミックスしたステレオ音源で聴く限り、ロール1では「ドボドボ」「ゴボゴボ」という感じの低域ノイズが左右から聞こえ、ロール2では右側から低域ノイズが聞こえる。
演者の位置によって細かくパンニングしてある点も見所。現在ならコンピュータを使用して音の定位を細かく決められるが、1962年当時の力技のなせる技術なのだと、非常に感慨深いものがある。
2chステレオで聴いた場合、富士山麓でのゴジラとキングコングの闘いのシーンで、片チャンネルが逆相になっていた為か、「ゴジラ、キングコング等の効果音の音声」が若干、左寄りになってしまう点が有る。

なお、2016年現在、存在が確認されているサウンドトラックについては下記の通り。
1.モノラル版シネテープ
2.4.0chパーフェクト・ステレオフォニック・サウンドにミックスされたシネテープ。
3.4ch素材別シネテープ(セリフ、効果音、音楽がそれぞれバラで入っているシネテープ)。


5.音楽トラック
最も驚いた点は、映画後半のワウフラッターを全く感じなかった事。完璧すぎる!



総評は、「本当に素晴らしい物を観た・・・。。」、この一言に尽きるのではないだろうか。これをご覧になった方で不満を感じたという言葉を私は聞いた事が無いし、皆さんのお言葉の端々に「本当に素晴らしいキンゴジが完成した」という喜びに満ち溢れている!
オリジナルの素晴らしさを再現出来る現代の技術の凄さを、私はこの4K版で思い知ったのである!
今は、一日も早く商品化されないかな〜という思いだけだ!UHD Blu-ray BOXだったら5万でも6万でもお金を出します!(^^)