キングコング対ゴジラ
オリジナル復元版
正規リリース盤
筆者は89年頃にレーザーディスクプレイヤーを購入し、このLDを入手した。ビデオテープの弱点は、テープを巻き込んでしまう等のトラブルが多く、またノイズが乗りやすい欠点があった。その点、レーザーディスクは非常に便利である。買い換えで重宝した。やはりレーザーディスク・・・、、"VHS"や"β"とは画質が断然違う。
この当時はまだLDと言えど値段は高く、心底好きでなければ買わない、と言った方が良い。東宝のソフトはどれも比較的、設定価格が他社のディスクより高めなのである。それでも好きな物は買わずにいられない。

話が逸れたが、"未編集プレス盤"との見極め方はディスクの内側に打たれた刻印(アナログレコードで言うところのマトリックスナンバー)、「TLL2064-A01」が"未編集プレス盤"、「TLL2064-A02」が"正規リリース盤"となる。一時期はジャケット裏面に赤いシールを貼り区別していたが、「回収盤」が店頭から消えてからは、この"正規リリース盤"もシールは貼られなくなる。見極めはディスク内側の刻印で。

"未編集プレス盤"とは異なり、色補正なども行われている。困難を極めた復元への尽力、東宝ビデオ事業部の技術には感嘆するものがある・・・。
以下に、"正規リリース盤"の特徴を記す。

1.オープニング「東宝マーク」の映像は綺麗な画質の物に差し替えている。
この「キングコング対ゴジラ オリジナル復元版」は、16mm全長版フィルムと35mmニュープリント版フィルムを使用して「オリジナル復元版」を作成したもので、本来であれば「東宝マーク」は、"退色化した全長版16mm"のみに存在するのだが、この"正規リリース盤"では綺麗な映像の「東宝マーク」が使用されている。となると、この部分・・・他映画から移植された物と考えた方が理屈としては正しい。
映像の傷の具合など比較してみた結果、"1961モスラ(1991年2月1日VHS発売)(1995年8月1日LD発売)"の「東宝マーク」から流用された物と分かった。
もしかしたら、「キングコング対ゴジラ 予告編」と一緒にテレシネされたものなのかも知れない・・・。


2."キングコング対ゴジラ"唯一のモノラル音源にして、最高の音質で収録されている。
東宝は2001年現在、残存している音源は"4chシネスコ版"のみ、という説明を記しているが、これは誤り。この「オリジナル復元版・正規リリース盤」には、当時保存されていたモノラル音源が使用された。(「モノラル」と「4ch音源」では、音声のミックスが異なる。)

『キングコング対ゴジラ』の音源は3種類の物が存在する。
 ・「モノラル・シネテープ」
 ・「4chパーフェクト・ステレオフォニック・サウンド・シネテープ」
 ・「MEDシネテープ=音楽、効果音、セリフ部分の3種類が、それぞれが独立した形でステレオ音像で収録されているテープ」


3.テレシネ
桜井役の高島忠夫さんが、ふみ子のボーイフレンド、藤田の部屋に入り、「おい!ふみ子!ふみ子」と叫び、ふみ子役の浜美枝さんの「あら、兄さん!」の直後、映像のコマ飛びがあるが、これは"未編集プレス盤"でも同様であり、両方のヴァージョンが、全く同じテレシネテープから取られている事を意味している。その後にリリースされたソフトでは、この部分でのこの様なコマ飛びは見当たらない。


4."ロールナンバー5"の冒頭「国連では〜」の部分のみ別フィルムからの流用がある。
田崎潤さん扮する"総監"のセリフ、
「国連では、“このままゴジラを放置しておく事は世界の破滅になる。よって、世界の平和の為、水爆攻撃の計画を考慮して欲しい”、という声が起こっているそうだ」
の部分。先の"未編集プレス盤"では、
「・・・ゴジラを放置しておく事は世界の破滅になる。よって、世界の平和の為、水爆攻撃の計画を考慮して欲しい”、という声が起こっているそうだ」
となり意味不明になる。これは、"フィルムナンバー5"の冒頭部分に当たるフィルムが欠けていたからである。古いフィルムには多々有る事だ(90年代に発売された「日本誕生」などもその類に入る)。
この"正規リリース盤"では、「国連では、このままゴジラを放置しておく事は世界の破滅になる」の部分のみ予告編のフィルムをテレシネして使用している。予告編を製作するのは主に本編チーフ助監督の役目なのだそうで、梶田興治さん(多分・・・)作成の予告編にこのシーンが無かったら、このまま意味不明なままだったのかも知れない。ちなみに"予告編"は通常NGシーンを使用される事が多いが、これは「フィルムの二度焼き」に掛かる手間と費用を省く為と言われている。この「国連では〜」のシーンも勿論NGカットだ。